開業・M&A記事一覧

M&Aとは企業の合併や買収のことです。一般的な企業買収の方法として資本提携や業務提携などがあります。企業買収を実施する方法としては株式交換や会社分割、営業譲渡などがあげられるでしょう。企業買収は上場企業や大企業だけのものと考えられがちですが、実は最近では中小企業の企業買収も増加しています。特に中小企業はある分野には強いものの、別の分野には弱い傾向があります。このため企業買収で弱点を補うことにより、...
中小企業にとって、競争力強化は大きな課題です。M&Aつまり企業買収によって競争力を強化する中小企業も増えています。ただし中小企業の場合、ただ闇雲にM&Aを行っても成果が上がりません。このため事前の周到な準備が必要になります。まず覚えておく必要があるのは、企業買収にはリスクが付きものだということです。企業買収は社員などに知らせず、秘密裏に行うことが多いでしょう。関与する人間が少ないということは、それ...
宮城で医院開業を考えた場合、税理士に相談することをおすすめします。というのは医院開業に際しては税務上の問題や経営上の問題が起こりうるからです。特にドクターは非常に多忙です。勤務医の経験のあるドクターがほとんどでしょう。勤務医の場合は、医療に専念すれば良かったはずです。しかし自分のクリニックを持つ場合は、医療に専念すれば良いというわけではありません。ドクターだけでなく経営者としても手腕を発揮する必要...
一昔前ですと企業買収は、大企業や外資系企業の世界の話でした。しかし昨今、中小企業でも盛んに行われるようになっています。特に宮城では、少子高齢社会の影響もあり、中小企業の後継者不足で企業買収が行われるケースが目立っています。というのは、中小企業のオーナーが引退する場合、経営を引き継ぐ家族がいないことが少なくないのです。ではどうするかというと、他の中小企業に売却するのです。言い換えれば買収してもらうの...
巡回監査と聞くと、税務署の監査と勘違いされる方が多いようです。巡回監査は税理士が行う監査です。監査といっても、それほど大げさなものではありません。伝票などが適切に処理されているか、会計処理や税務処理が適切に行われているかを毎月確認するだけの意味合いです。巡回監査を行っている税理士は、ある程度信頼できる税理士だと考えてください。毎月どころか1年に一回程度しか会社訪問をしない税理士も大多数です。複数の...
宮城でもM&A(企業買収)は珍しくなくなりました。とはいっても人間関係を大事にする東北という土地柄からか、乗っ取りなどの敵対的な企業買収ではなく、協力的な企業買収や事業継承による企業買収がほとんどです。M&Aを行う場合には、会計上の問題もありますが、税務上の問題が発生するケースも多いといえるでしょう。特に厄介なのは、事業継承による企業買収です。事業継承の場合、株式を譲渡する形で企業買収が行われます...
宮城で新規開業する場合、どのように税理士を選んだら良いのでしょうか。新規開業といっても様々なパターンがあります。個人事業主が法人化する場合は、いわゆる「法人成り」と呼ばれます。この場合、まず顧問税理士が必要かどうかという問題があるかもしれません。個人事業主が法人成りする場合、そのほとんどは節税対策です。法人成りすると事業主に対する役員報酬や家族に支払う給料なども損金処理できる場合があります。この場...
宮城で法人設立する場合、やはり税理士に相談するのがベストでしょう。法人設立の流れはいくつかありますが、「資本金はいくらにするのか」「事業年度はどうするのか」「定款はどうしたら良いのか」などの疑問について税理士は相談に乗ってくれるはずです。特に資本金の問題については、金融機関からの融資の問題も絡んできますから経験豊富な税理士に依頼することをおすすめします。法人設立の前後は、事業主は非常に忙しいはずで...
倒産防止共済は正式名称を「中小企業倒産防止共済制度」といいます。資金繰りの悪化の一因として、売掛金の未回収があげられます。例えば取引先が倒産してしまうと、売掛金の回収は事実上不可能となります。こうなると資金繰りが悪化し、最悪の場合倒産してしまいます。いわゆる連鎖倒産です。東日本大震災後、宮城でも連鎖倒産が相次ぎました。倒産防止共済はこの連鎖倒産を防ぐための共済制度です。国が出資する独立行政法人が運...