宮城で法人設立する場合

宮城で法人設立する場合、やはり税理士に相談するのがベストでしょう。法人設立の流れはいくつかありますが、「資本金はいくらにするのか」「事業年度はどうするのか」「定款はどうしたら良いのか」などの疑問について税理士は相談に乗ってくれるはずです。特に資本金の問題については、金融機関からの融資の問題も絡んできますから経験豊富な税理士に依頼することをおすすめします。

 

法人設立の前後は、事業主は非常に忙しいはずです。事務所を探したり、金融機関と打ち合わせたり、銀行口座を作ったり、代表者印や銀行印などを作成したり、開業のお知らせを考えたりするはずだからです。ちなみに法人設立は税理士だけではできませんが、税理士は通常司法書士とも提携していますので、事業主は全てを税理士に任せ、開業前に業務に専念できるはずです。

 

さて最近「顧問契約を結ぶことを条件として、法人設立の手数料を無料にする」というセールストークを行う大手税理士事務所が増えています。ただしこのケースの場合、顧問料自体が高額です。簡単にいえば設立手数料を分割で支払うシステムです。税理士は年度途中で解約することが難しいため、個人的に信頼のおける税理士と顧問契約を結ぶことをおすすめします。

宮城で法人設立する場合関連ページ

宮城でM&Aを行う場合
M&Aは中小企業にとって競争力強化の方法となります。宮城も少子高齢化が進んでいますから、競争力向上は必須といえます。
宮城でM&Aの相談を行うなら
宮城に限らずM&Aにはリスクが伴います。特にM&Aは秘密裏に行うことが多いですから、リスクを避けるために、事前に税理士に相談することをおすすめしています。
宮城で医院開業する場合
宮城で医院開業する場合、開業前に税理士に相談することをおすすめします。ドクターが医療に専念できるサポートをしてくれるからです。
宮城で企業買収するなら
宮城では後継者不足で企業買収をしてもらうケースも多いです。多額のお金が動く企業買収をする場合には、会計事務所や税理士事務所の関与をおすすめします。
宮城で巡回監査を行う税理士のメリット
巡回監査とは税理士が行う伝票処理・会計処理・税務処理のチェックのことで、宮城の税理士でも可能な場合があります。
宮城でM&Aをする場合は税理士の関与を
宮城でのM&A(企業買収)には会計上、税務上の問題が発生する可能性があります。税理士や会計事務所の関与が望ましいです。
宮城で新規開業する場合
宮城で新規開業する個人事業主の場合、しばらくは顧問契約ではなく一時的な相談にしたほうが良いでしょう。法人の場合は企業成長のノウハウに精通した税理士がおすすめです。
宮城の税理士のすすめる倒産防止共済
倒産防止共済は連鎖倒産を防ぐための共済制度で、取引先が倒産した場合、掛け金の10倍まで融資を受けられます。節税効果も期待できるため宮城の税理士もすすめています。