宮城の税理士のすすめる倒産防止共済

倒産防止共済は正式名称を「中小企業倒産防止共済制度」といいます。資金繰りの悪化の一因として、売掛金の未回収があげられます。例えば取引先が倒産してしまうと、売掛金の回収は事実上不可能となります。こうなると資金繰りが悪化し、最悪の場合倒産してしまいます。いわゆる連鎖倒産です。東日本大震災後、宮城でも連鎖倒産が相次ぎました。倒産防止共済はこの連鎖倒産を防ぐための共済制度です。国が出資する独立行政法人が運営していますので、安心して利用することができます。

 

倒産防止共済は、取引先が倒産した場合に融資を受けることができます。融資の範囲は掛け金の10倍までです。掛け金はひと月あたり5,000円から20万円の範囲で任意に設定することができます。支払った掛け金は一定期間が経過すれば、解約することができます。この際、支払い済みの掛け金の全額が戻ってきます。ちなみにこの共済、企業であっても個人事業主であっても加入することができます。

 

宮城の税理士が節税対策として、この倒産防止共済をすすめるケースも多いはずです。というのは倒産防止共済の掛け金は、全額損金処理することが可能だからです。個人事業主の場合は全額が必要経費として計上できます。ただし解約の際に戻ってくる掛け金は益金となりますので、解約時期には注意する必要があります。

宮城の税理士のすすめる倒産防止共済関連ページ

宮城でM&Aを行う場合
M&Aは中小企業にとって競争力強化の方法となります。宮城も少子高齢化が進んでいますから、競争力向上は必須といえます。
宮城でM&Aの相談を行うなら
宮城に限らずM&Aにはリスクが伴います。特にM&Aは秘密裏に行うことが多いですから、リスクを避けるために、事前に税理士に相談することをおすすめしています。
宮城で医院開業する場合
宮城で医院開業する場合、開業前に税理士に相談することをおすすめします。ドクターが医療に専念できるサポートをしてくれるからです。
宮城で企業買収するなら
宮城では後継者不足で企業買収をしてもらうケースも多いです。多額のお金が動く企業買収をする場合には、会計事務所や税理士事務所の関与をおすすめします。
宮城で巡回監査を行う税理士のメリット
巡回監査とは税理士が行う伝票処理・会計処理・税務処理のチェックのことで、宮城の税理士でも可能な場合があります。
宮城でM&Aをする場合は税理士の関与を
宮城でのM&A(企業買収)には会計上、税務上の問題が発生する可能性があります。税理士や会計事務所の関与が望ましいです。
宮城で新規開業する場合
宮城で新規開業する個人事業主の場合、しばらくは顧問契約ではなく一時的な相談にしたほうが良いでしょう。法人の場合は企業成長のノウハウに精通した税理士がおすすめです。
宮城で法人設立する場合
宮城で法人設立する時は税理士に相談するのがベストです。金融機関との兼ね合いなどもあるからです。事業主の負担軽減にもつながります。