宮城の会計士

会計士の正式な名称は「公認会計士」といいます。会計士は監査・会計のプロフェッショナルです。企業会計の健全性を明らかにし、経済活動を活発にすることが会計士の仕事です。ちなみに旧司法試験が廃止された現在、公認会計士の試験は最難関の国家試験といわれています。信頼に足るスキルを持っていると考えて良いでしょう。

 

公認会計士の主な業務は監査です。上場企業や大企業の監査を行うことが多いため、公認会計士は東京に集中している傾向があります。しかし宮城にも会計士は在籍しています。例えば仙台市の公認会計士事務所「三澤経営センター」があります。この公認会計士事務所は税理士事務所も兼ねていますので、税務相談・経営相談など多角的な相談が可能となっています。

 

また4大監査法人の一つといわれている有限責任監査法人トーマツも仙台市に事務所があります。宮城には東北電力、小売業のやまや、建設業のユアテック、卸売業のカメイといった一部上場企業の本社がありますから、監査法人トーマツはこうした企業の監査を担当しているのかもしれません。いずれにしても公認会計士が在籍していない都市も少なくないですから、宮城で会計士を見つけることは難しくないはずです。

宮城の会計士関連ページ

宮城の税理士事務所
宮城には複数の税理士が在籍する合同事務所や税理士法人もあります。税理士同様、仙台に集中している傾向があります。
宮城の会計事務所
宮城で会計事務所を探す場合、公認会計士事務所と税理士事務所の2種類があることを知っておく必要があります。会計士は監査の、税理士は税務のスペシャリストです。
宮城で顧問税理士を探すなら
最近は顧問税理士を見直す宮城の中小企業が増えいます。有能な税理士と顧問契約を結ぶことができれば、大きなメリットをもたらしてくれるからです。
宮城で企業会計相談をするなら
宮城で企業会計の相談をする場合、経験豊富な税理士をおすすめします。企業会計は税法をベースにしているため、税理士は適切なアドバイスを行えます。
宮城で税務の相談なら税理士に
宮城の法人税や消費税の相談やその資金繰り、設備投資する場合、税理士に税務相談すると良いでしょう。相続税、贈与税、所得税などについても相談することができます。
宮城で会計事務所に相談する場合には
税務と会計は異なるため、宮城の会計事務所に相談したい場合もあることでしょう。ちなみに会計事務所といっても、そのほとんどは税理士が経営しています。
宮城の会計事務所の評判
宮城の会計事務所では、サービスが良い事務所や時間を守る事務所の評判が良いです。一方、顧問料が高い事務所などは評判が悪い傾向です。
宮城の会計事務所の料金
会計事務所の料金は自由ですが、宮城では毎月3万円から6万円、申告費用が10万円から20万円が相場です。ただしサービスは会計事務所によって異なります。
宮城で公認会計士を探す前に
宮城で公認会計士を探したい場合、業務内容が税理士とそれほど変わらないケースがあります。税理士のほうが安価ですから、内容を慎重に検討してみてください。
宮城で顧問契約の前に見積もりを
宮城の税理士と顧問契約を結ぶ前に見積もりを作成してもらいましょう。漠然とした見積もりでなく、毎月の作業、申告料の詳細などを記載してもらってください。
宮城の税理士の顧問料について
税理士の顧問料システムは古い時代に確立されました。税理士の言い値で顧問料を支払う時代は終わりつつあります。宮城でも同様です。
宮城で信頼できる税理士を探すには
宮城で信頼できる税理士を探すには、税理士の多い仙台市から探すことになるでしょう。「近くの普通の税理士」より「離れた場所の有能な税理士」のほうが好ましいです。
宮城の税理士の相場
個人事業主の場合、毎月1万円から3万円、法人の場合、毎月3万円から5万円が宮城の税理士の顧問料の相場です。申告手数料は別途となります。
宮城の税理士の評判
宮城の税理士の評判はおおむね良好といえますが、中には贈与税の控除対象を間違った税理士に対しての悪い評判もあります。
宮城の税理士の報酬
宮城の税理士の報酬ですが、顧問料3万円から6万円が一般的です。定期的な巡回と経営指導を望むなら報酬は8万円前後になるはずです。
宮城の会計事務所の相場
会計事務所は毎月の会計業務に強い特徴があります。宮城の会計顧問料の相場は3万円から5万円、記帳代行を行う場合毎月2万円となっています。
宮城の会計事務所の報酬について
宮城のクリニックや歯科医院について会計事務所の顧問料は年間20万円から50万円、学校法人などは50万円から100万円程度です。立会は3万円から4万円の報酬です。
宮城の税理士事務所の特徴
宮城は税理士事務所が多い特徴があります。また仙台は税理士法人や合同事務所が多く、中には公認会計士出身の税理士事務所もあります。