相続・贈与記事一覧

日本全体の傾向でもありますが、宮城でも高齢化が進んでいます。65歳以上の高齢化人口は、登米市周辺ではすでに30%を超えていますし、比較的年齢層が若いと思われる仙台市でも20%を超えています。高齢化が進んでいるということは、相続についても考えることが多くなるということでもあります。相続が発生した場合、税理士が関与することがあります。まず被相続人が死亡した場合、確定申告を行う必要があるからです。特に被...
相続税はお金持ちだけにかかるもの、と思われていました。しかし税法が改正されたため、対象となるケースが増えることでしょう。宮城も例外ではありません。仙台の地価の高い土地は、相続税の評価額の対象となる場合もあることでしょう。ちなみに相続人が配偶者と子2人、残された財産は4,000万円相当の土地と4,000万円相当の預金という場合で考えてみましょう。このケースは明らかなお金持ちというわけではありません。...
遺産相続はトラブルになりやすい厄介な問題です。宮城も高齢化が進んでいるため、これまで以上に遺産相続時のトラブルが増えるかもしれません。遺産相続のトラブルは、事前に合意ができていなかったケースで起きることがほとんどです。合意ができていたと思っていても、書面にしていない場合、親が亡くなったことにより兄弟間の争いが表面化することもしばしばあります。これを防ぐためにも、遺産相続は事前に、書面で合意しておく...
宮城で税務相談するなら、税理士を選ぶ必要があります。相談の内容によって、税理士を慎重に選ぶ必要があるからです。法人税・消費税の税務相談なら企業会計に強い税理士を選ぶべきです。やはり会社の多い仙台を中心に選ぶと良いかもしれません。相続税の税務相談ならより慎重に税理士を選ぶ必要があります。というのは相続税が発生するケースは、税法改正前ですと非常に稀でした。このため相続税の申告をしたことのない税理士がほ...
税理士に顧問契約を依頼する場合、必ず確認しておくべき点があります。宮城は人間関係を大切にする土地柄ですから聞きにくい部分もあるかもしれません。しかし経営者であるあなたが何を求めているかはしっかり確認してください。「経営については自分が全て考えるし、記帳も自分でする。申告さえしてもらえれば良い」と考えているなら、その点を依頼する前に伝えたほうがよいでしょう。税理士に税務の全てを依頼したい場合もあるか...
日本の傾向と同様、宮城も高齢化が進んでいます。相続の相談をしたい場合もあるでしょう。相続の相談をする場合、弁護士に相談したら良いのか、税理士に相談したら良いのか迷われることもあるかもしれません。弁護士に相談する場合、メリットは専門的な知識が豊富なことや、裁判や調停になった場合に心強いことでしょう。ただしデメリットもあります。弁護士の場合は1時間あたり数万円の相談料が発生します。また相続を弁護士に依...
税法が改正され、今まで対象にならなかった方でも、相続税を支払う必要が出てくる可能性があります。宮城も例外ではなく、これから相続される方は要注意かもしれません。相続税の申告は、被相続人が死亡し、自分に相続すべき財産があることを知った日から10ヶ月以内に行う必要があります。これを過ぎると延滞加算される場合があります。ちなみに相続税の申告を依頼する場合、報酬の相場は財産総額の0.5%から1%と言われてい...
税理士に相談する場合、いったい料金はいくらなのだろうかと考えるかもしれません。税務相談をした場合の相場は、30分あたり5,000円です。もちろん税理士によってはサービスで行ってくれる場合もあるでしょうし、1時間あたり数万円の料金をとる税理士もいます。料金は事前に確認しておくと良いでしょう。ではどんなことを相談できるのでしょうか。一番多いのは、やはり中小企業の経営者や個人事業主が行う節税対策かもしれ...
税理士の受ける相談のうち、贈与や財産分与の相談の割合は意外に高くなっています。実は宮城では東日本大震災後、人口流出が進み、財産分与するケースが目立っています。贈与税の相談はもちろん税理士が最適です。ただし贈与税は税率が最も高いですから、適切な節税方法を紹介できる税理士に相談する必要があります。赤の他人に贈与する場合、節税方法は少ないです。しかし全くの他人に贈与するケースは稀といえるでしょう。通常は...