相続についても宮城の税理士に相談を

日本全体の傾向でもありますが、宮城でも高齢化が進んでいます。65歳以上の高齢化人口は、登米市周辺ではすでに30%を超えていますし、比較的年齢層が若いと思われる仙台市でも20%を超えています。高齢化が進んでいるということは、相続についても考えることが多くなるということでもあります。

 

相続が発生した場合、税理士が関与することがあります。まず被相続人が死亡した場合、確定申告を行う必要があるからです。特に被相続人が経営者だった場合、確定申告の方法を相続人が知らないケースが多く、こうした場合に税理士に依頼するケースが多くなっています。被相続人が経営者だった場合には、事業承継についても税理士に依頼する方が多いです。

 

ちなみに、相続前に土地や建物を相続人に譲ることができる制度もあります。相続時精算課税制度と呼ばれていますが、この方法なら贈与税をかけずに相続前に譲渡することができます。ただし条件を満たさないと贈与税がかかってしまいます。贈与税は全ての税金の中で最も税率が高い税金のひとつですから、間違いのない方法でしたいものです。またこの方法を用いる場合、申告が不可欠になります。円滑に財産を承継させるためにも、税理士に相談すると良いでしょう。

相続についても宮城の税理士に相談を関連ページ

宮城でも相続税がかかる?
相続税は宮城でもお金持ちだけの問題ではなくなりました。しかし事前の準備で相続税を抑制し、トラブルを避けることが可能となります。
宮城での遺産相続は税理士に
宮城に限らず遺産相続はトラブルにやりやすいため、事前に税理士に相談すると良いでしょう。相談する際、財産の全てを明らかにすると効果的です。
宮城で税務相談をする前に
宮城で税務相談をする前に、内容に最適な税理士を選ぶ必要があります。すべての分野に秀でている税理士はいません。税務相談に最適な税理士を選ぶと良いでしょう。
宮城で税理士に依頼する前に
宮城の税理士に顧問契約を依頼する前に、サービスに何が含まれ何が含まれないのか確認しましょう。はっきり言わない税理士は避けたほうが無難でしょう。
相続の相談は宮城の税理士に
宮城で相続の相談をしたい場合、相続人間の争いがなければ、弁護士より税理士が適しています。税理士はコストパフォーマンスにも優れています。
相続税を宮城の税理士に依頼するなら
宮城で相続税申告の報酬の相場は、財産総額の0.5%から1%です。経験がある税理士が少ないため、報酬が高くてもノウハウのある税理士に依頼すると良いでしょう。
宮城の税理士に相談できること
宮城の税理士に税務相談する場合、30分あたり5,000円の相談料が相場です。事業主の節税対策だけでなく、個人の節税方法なども相談することができます。
贈与の相談は必ず宮城の税理士に
贈与税は税率が最も高いですから、申告は贈与についての配偶者控除や相続時精算課税制度などをしっかり理解している宮城の税理士に任せるべきです。